Fの壁

ギターを習得するに当たり、Fコードの壁というものがあります。大抵の方がCから始まる曲を初めに練習します。そうするとGやFのコードが出てきます。このFが難関です。
左手のセーハ技術が完全でないと、Fはなかなか弾けません。
実はクラシックギターの曲はCコードの曲(Fコードを使う)は案外少ないものです。
多いのはE、A、Dの曲です。
そこにはFコードは出てきません。
Fコードのない曲でセーハ技術を習得していくうちに、力の加減がわかって、いつのまにかFコードが弾けていたりするものです。
回り道をしましょう。Fでつまずくなんてもったいないですよ。